旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

京都 弾丸お寺巡り① 1日でどれだけまわれるか

国内旅行

京都 弾丸お寺巡り① 1日でどれだけまわれるか
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

暑さも落着いてきたので、京都のお寺巡りをしました。効率よく沢山お参りできるよう考えましたが、その結果は・・・

お寺巡りは順番が大事 大活躍の市バス一日乗車券カード

朝、9時30分に京都着。駅のロッカーに荷物を預けたら、市バスの一日乗車券カード(¥500)を購入。

では、出発。今日は晴明神社→建仁寺→三十三間堂→高台寺→八坂神社→知恩院

早速、市バスで「堀川今出川」まで行き、晴明神社へ

厄除け 魔よけのご利益があり、安倍晴明公をお祀りする神社です。陰陽師として知られていますが、現代風に言うと天文学者でした。星や雲の動きなど見て吉凶を占っていたのです。
境内には、厄除桃やご神木があり、これらに触れてパワーをいただきました。
また、社紋のモチーフである桔梗の開花時には、お守り袋に桔梗の花が施された「桔梗守」と「ききょう土鈴」を授与できます。





ここから、建仁寺へ参ります

市バスで「堀川今出川」から「百万遍」経由で「東山安井」下車

栄西禅師が開山された京都最古の禅寺です。
風神雷神図屛風があるお寺です。














写真撮影ができるのは高精細デジタル複製で、本物は別の部屋にありガラス張りで撮影不可でした。
他にも撮影可能な雲龍の襖絵などもあります。
禅寺だからなのでしょうか、お寺全体が男性的な印象を受けました。





三十三間堂へ

この近くには同じ宗派で、豊臣秀吉の菩提を弔うために北政所が開創した高台寺がありますが、今回は建仁寺から三十三間堂に行きました。




正式名は、蓮華王院で、その本堂が「三十三間堂」と呼ばれています。これはお堂の柱間が33あるという、細長い建物です。
本堂の中には、千手観音座像と千体の千手観音立像の観音様が安置されています。
また、観音様をおl守りする雷神風神像と二十八部衆があります。
この二十八部衆の中には眼の部分に水晶がはめ込まれていて、眼光の鋭さに驚きます。
 
京都観光には、外国からの観光客と共に修学旅行の学生の団体も多いです。この修学旅行のグループにはガイドさんがついているので、こっそりその話を聞いてください!
学生を飽きさせないように面白おかしく、しかしマナーなども教えてくれます。
例えば、何百年も前に作られた二十八部衆の中には、ブーツを履いている像もあります。足元まで見ていなかったので、そのガイドさんの話を耳にしてこっそり覗き込んでみると、本当にブーツを履いてました。

お寺によっては、見所にそれぞれ案内の人がいますが、学生向けのガイドさんのお話は面白いので、近くにいたらこっそり聞いてみてください。






高台寺へ

市バスで「東山安井」まで戻ります





臨済宗建仁寺派 高台寿聖禅寺は、秀吉夫人、北政所ねね様が晩年を過ごしたお寺です。
お庭が美しく、もみじの木が少し色づき始めていました。
山を上がっていくと傘亭と時雨亭という茶室があります。ここは見晴らしがよく、冬になって山の木々の葉が落ちると、大阪の高層ビルが見えるそうです。
ガイドさんの話では、大阪城が燃えているのが傘亭から見えたそうです。
秀吉が建てた城が燃えているのをねね様がここからご覧になっていたのかと思うと切なくなりますし、その頃とあまり変わらない景色が残っていることはすごいと感心しました。
山から下りる道には竹林もあり、穏やかな気持ちになれるお寺です。 








外の門の一部です。

柱に牡丹の花模様になっています。
こんなところにも女性らしさを感じませんか?






そして、この後もお寺巡りは続きます・・・




藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
1
  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。

関連記事

ピックアップ!

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

月別アーカイブ

次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ